#939 11/9(sat)はChiyoTia LIVE 〜みんなで行きましょう!




先日ニューアルバム「Carry On ~E ola mau~」配信を開始した

ChiyoTia

11月に名古屋でライブやりま〜す!




Chiyoちゃんから名古屋のみんなにメッセージ!

名古屋のみなさん、元気⁈  

ChiyoTiaです!
10/23にニューアルバム「Carry on〜E ola mau〜」がリリースされました!
そのアルバムをひっさげて、11/9(sat)にChiyoTia Release tour2019を行います! 今回のライブは、新しいバンド編成でお届けします!
みなさん、ぜひ会いに来てください!!

11/9(sat) @ 今池BL cafe
開場18:30〜/開演19:00〜
チケット前売¥3500/当日¥4000

ぜったい来てねー!




ということでみんなで行きましょう!!

ChiyoTia Release Tour 2019

「Carry On ~E ola mau~」

新しいバンド編成ということで、これまでと少し違ったChiyoTiaが見れるかも!

ギター濱中祐司さんのスペシャルテクニックも楽しみです





今回チケットはプレイガイドで販売

下記リンクからアクセスして前売りゲットしてくださいね〜

【プレイガイド】

Peatixローソンチケット(Lコード:42295) / チケットぴあ (Pコード:163-176) / イープラス

BL cafeは今池ボトムラインの1Fにあります

みんなで盛り上がりましょう!!

 

日時 11/9(sat) 開場 18:30〜/ 開演19:00〜
場所 今池BL cafe
チケット  前売 ¥3500 / 当日 ¥4000



「ChiyoTia」( チヨティア ) とは彼女の日本名とハワイアンネームからつけられたもの。幼少時に母方の実家のハワイに渡り、祖母や父親が親しんできたジャズやハワイアンミュージックをはじめ、ジャンルを問わず幅広い音楽を聴きながら育つ。全国で年間100 本以上のキャラバンツアー を行いながら、シンプルでレイドバックなライフスタイル、地元湘南でのサーフィンを愛する。自然の中で紡がれたメロディのかけらを、ChiyoTia と共に完成させていくのが音楽パートナーである濱中祐司。その濱中祐司はChiyoTiaの楽曲をアレンジ、自らもギタリストとして演奏している。

ChiyoTia official page





過去のライブ写真も見てね〜!

めっちゃ楽しみです!

ではまた〜〜


#938 五十嵐カノア 東京オリンピック出場権獲得!




前回東京オリンピックの出場権について書いたとこでしたが

五十嵐カノアの東京オリンピック出場権獲得がISAから正式に発表されました!

おめでとうございます!

ISA homepage



南アフリカのジョディスミス

オーストラリアのサリーフィッツギボンズ、ステファニーギルモア

日本の五十嵐カノアが出場権獲得です

ISA homepage



さらに今朝WSLから

フランスのJeremy FloresとUSAのKolohe AndinoのQualifyも発表されました!




いいね!






さらにさらにビッグニュース

スペイン・カナリア諸島で開催されていたボディボードの世界プロツアー

「APBワールドツアー」の最終戦『Gran Canaria Fronton King』で

大原沙莉が2019年のワールドチャンピオンを獲得!

すげーすげーーー!!

昨年は鈴木彩加がチャンピオン

2年連続で日本人が獲得~~~!

おめでとう!!!




そろそろサーフィンしたい〜〜〜〜


#937 再度考察 東京オリンピックへの道





今回は東京オリンピック出場について考えてみました

オリンピックに出場する条件など正式なQualifiction SystemはISAのホームページにあります(英語)

興味のある方はぜひ下記リンクから読んでみてください

QUALIFICATION SYSTEM GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD TOKYO 2020







オリンピックに出場出来るのは男子20名、女子20名(開催国枠 男女各1名含む)


①2019 World Surf League Championship Tourの年間ランキング上位から男子10、女子8 (1カ国2名)

②2020 ISA World Surfing Games(Apr-May 2020 場所未定) 男子4 女子6

③2019 ISA World Surfing Games アジア、欧州、アフリカ、オセアニア枠 男子1、女子1

2019 Pan American Gamesからアメリカ(南北)枠 男子1、女子1

④開催国枠として男女それぞれ1名が日本から出場





でしたが、2019 ISAのアジア枠で村上舜と松田詩野が日本人暫定枠を獲得したのでこうなりました




①2019 World Surf League Championship Tourの年間ランキング男子トップ10、女子トップ8(1か国2名)

②2020 ISA World Surfing Games(April – May 2020 場所未定) 男子5 女子7

③2019 ISA World Surfing Games アジア、欧州、アフリカ、オセアニア枠 男子1名、女子1名

2019 Pan American Gamesからアメリカ(南北)枠 男子1名、女子1名


の男女20名づつ







①2019 World Surf League Championship Tourの年間ランキング男子トップ10、女子トップ8(1か国2名)

Freshwater ProではGabriel Medina、Lakey Peterson が勝ちました

フランス開催のQuickSilver & Roxy PROではJeremy Flores、Carissa Moore が勝ちました

男女共残り2戦を残し現在のランキングです

15位以下はブラジル、アメリカ、オーストラリア勢が並んでいるので、オリンピック出場可能性があるのはこの辺りまでかと




女子は

女子もこの辺りまでかなぁ。



先日WSLからオーストラリアのSally FitzgibbonsとStephanie Gilmore、南アフリカのJordy Smithのオリンピック内定のニュースがでました
ISAからの正式発表ではないけど決まりでしょう

Sally Fitzgibbons
Stephanie Gilmore







男子は全11戦のうちベスト9戦、女子は全10戦のうちベスト8戦のトータルポイントで年間ランキングが決まります

残りは男女共2戦


僕が一番気になるのはKelly Slaterが アメリカ代表に入るかどうかですが

ここ2戦でKellyは9位、17位とイマイチ

怪我で欠場しているJohn Johnとの差は 

6,185ポイントと縮まってません


う〜〜んちょっと厳しいかなぁ

John John は「12月のパイプマスターズ前に復帰できる」と言ってるので、次戦でこの差を縮めときたいところですね




ちなみに順位によって獲得できるポイントは

  • 1位 10,000pt
  • 2位 7,080 pt
  • 3位 6,085 pt
  • 5位 4,745 pt
  • 9位 3,320 pt
  • 17位 1,330 pt
  • 33位 INJ 265 pt





日本の五十嵐カノアはほぼ確定で問題ないでしょう

1カ国2名までの縛りがあるので9位にジャンプアップしたフランスのJeremy Flores、同じくフランスの14位Michel Mourezも当確かな〜




一方で強豪国は最後までわかりません

ブラジル、アメリカ、オーストラリアは実力者ぞろいなので逆転があるかもしれませんね






女子はオーストラリアのSally Fitzgibbons、Stephanie Gilmoreは確定

ブラジルのTatiana Weston-Webb、フランスのJohanne Defay、コスタリカのBrisa Hennessyも当確でしょう

Tatiana Weston-Webb

USAはCarissa Mooreが点差を広げていますが、まだまだわかりません

最後の1枠はブラジルのSilvana LimaとニュージーランドのPaige Halebの争いになるのでは










②2020 ISA World Surfing Games(2020春 場所未定)

選ばれるのは男子4名、女子6名でしたが先日のISAで開催国枠男女1名が満たされたので

男女1名づつの枠が2020 ISA World Surfing Gamesに移り、男子5名、女子7名が選出されます


オリンピックを目指すサーファーにとって最後のチャンスになります

皆さん頑張ってください!








日本人が2020 ISA World Surfing Gamesに出場するには、どうすればいいのでしょうか

今年は

  • WSL ランキングトップ    五十嵐カノア、前田マヒナ
  • JAPAN OPEN OF SURFING優勝  村上舜、松田誌野
  • 協会推薦           大原洋人、脇田紗良

でした





2020も同じ基準なら

WSLランキングトップは男子は五十嵐カノアで決定

女子は先日QS10000で優勝した都筑有夢路、現在14位の脇田紗良、16位の前田マヒナあたりまでが候補になるでしょう。


残りのQSビッグイベントは

  • 10/16-20 宮崎 QS3000 ホワイトバッファロー日向プロ
  • 11/15-17 オーストラリア QS6000 Port Stephens Toyota Pro

この2戦でより上位に食い込めるかどうかが勝負ですね
とりあえず今週末のQS3000 日向プロに注目!


JAPAN OPEN OF SURFINGは一発勝負

誰にでもチャンスはあります




協会推薦は村上舜、松田誌野が順当でしょう

この2人が出場せず他の日本人選手が上位(男子トップ5、女子トップ7)に入った場合、2019の大会で暫定枠を獲得した村上舜、松田誌野が東京オリンピックに出場できなくなる可能性があります。2019より2020のほうがプライオリティは上なので村上舜は落選しちゃいます

女子も2名がトップ7に入れば松田誌野はオリンピックに出場できなくなります。

これを避けるためにもこの2人が2020 ISA World Surfing Gamesの代表に選ばれ、勝ちきらなければいけません。

ということで協会の皆さん、2人を2020 ISA WSGに出してあげてね。




③2019 ISA World Surfing Games & 2019 Pan American Games

アジア、欧州、アフリカ、オセアニア枠 男子1名、女子1名

アメリカ(南北)枠 男子1名、女子1名


それぞれ暫定枠を獲得しました

●アジア 
男子 村上舜 
女子 松田詩野
●欧州  
男子 Frederico Morais ポルトガル 
女子 Anat Lelior イスラエル
●アフリカ 
男子 Ramzi Boukhiam モロッコ 
女子 Bianca Buitendag 南アフリカ
●オセアニア 
男子  Billy Stairmand NZL
女子 Ella Williams NZL
●アメリカ(北中南米)
男子 ルーカ・メシナス ペルー
女子 ダニエラ・ローザス ペルー

Anat Lelior イスラエル

それぞれの大陸で次点の選手もオリンピック出場の可能性は大いにあります。




まずはCTの残り2戦を興味深く見守りましょう!


#936 ‪ChiyoTia NEW ALBUM『Carry On 〜E ola mau〜』配信開始





hrdfilmsでお馴染み

‪ChiyoTiaのニューアルバム

『Carry On 〜E ola mau〜』


が完成!

先日配信が始まりました!


https://linkco.re/fBDdGeyf h

お〜〜〜!!

ジャケットもかっこいいですね〜〜






テーマは

愛する人・大切な人への想い

忙しく過ぎる日々を癒す洗練された心地よいサウンドをあなたに♪




Carry On ~E ola mau~

  1. Carry On ~E ola mau~
  2. Walk with me ~Ku’u Lei~
  3. おまじない
  4. E Ku’u Aloha
  5. beautiful

5曲入りです




今作は、より音楽にフォーカスした内容となり、ハワイミュージック、サーフミュージックとはまた一線を博す、新しいカルチャーの匂いがする作品が完成した。 「Carry On ~E ola mau~」は、人生は平等ではないけれど、それでも素晴らしいものだから生き続けようというメッセージが込められている。

ChiyoTia official page



ChiyoTia official page


こちらの配信サイトからゲットして聞いてください!

https://linkco.re/fBDdGeyf

僕も早速ゲットしたよ〜〜

いい感じ!



#935 虹帆 グラチャンおあずけ & 外国人カメラマン撮影機材のお話





JPSA ショートボード第6戦

女子優勝は野中美波

伊良湖の星 都築虹帆は4位でした

グラチャン最大のライバル宮坂麻衣子が2位、須田那月が3位で

年間ランキングの差が詰まってしまいました 汗


JPSA homepage



2位の宮坂麻衣子選手とは420point差ですが

虹帆は10/26~11/3にカリフォルニアで開催される ISA World Junior Surfing に日本代表として参加するのでJPSA第7戦(10/24~27)に出場することができない

ということで虹帆の2019年度JPSAは9180ptで確定

あとは第7戦の結果を待つのみとなりました




JPSAの年間ランキングは7戦中6戦のポイント合計で決まります

第7戦を残してグラチャンの可能性があるのは上位4人

赤で囲んだポイントが各自の最低点なので、これ以上獲得すれば合計点があがります

第7戦、宮坂麻衣子は優勝したら9860pt、2位で9580pt、3位で9320pt、4位で9200pt

須田那月は優勝で9480pt、2位で9200pt

庵原美穂は優勝で9400pt




・・・・・・・・・




まぁ気にしてもしょうがないのでここは一発

2019  ISA World Junior Surfingで優勝してきてちょうだい!!

頑張れ〜〜虹帆!










ISA World Surfing Games in MIYAZAKI

冠スポンサーはVANSさんでした






オリンピックを控えて海外からも多くのメディアがきていました

今回のブログは本業のための記録です

世界のトレンドを確認







Team USA専属の撮影チーム

そうきたか〜〜

詳細は省きますが、すごいわ

ズームは手元で操作していますが

フォーカスを合わせているのはこちらの女性


リモートコントロール




ジロリ

姉さんやりますな 笑







昨年も来ていたISAのオフィシャルカメラチーム

ヒゲの彼

DJIのRONINとSONYのミラーレスで動画を撮影

彼のチームがISAのハイライト動画を作っています









女性の水中カメラマン

持っているのはビデオ用ブリンプ


水中撮影から上がって来たPablo Jimenez

いいね!






こちらは

Olympic Channelのカメラマン









ドローンはサーフィン中継には必須ですね

へり












どこのクルーか忘れちゃったけど


いいもの使ってます

PLとND

勉強になりました





ISA World Surfing Games in MIYAZAKI

報告は以上です



ではまた!