JAPAN OPEN OF SURFING  優勝は村上舜 & 松田詩野



5月6日〜7日に志田下ポイントで「2019  JAPAN OPEN OF SURFING(サーフィンジャパンオープン)」が開催されました

Men

Women

写真はofficial site

日本を代表する男女16名で行われた大会

男子は村上舜選手、女子は松田詩野選手が優勝しました

おめでとうございます!






スポーツ紙ではちょっと面白い書かれ方をしていましたよ〜

イケメンサーファー村上が圧勝!波乗りジャパン選出

こんがり焼けた小麦色の肌に、キリッとした目つき。高い鼻筋の左の鼻にはシルバーのピアスがキラリと輝く。真っ赤なバラと「THANK YOU」の文字があしらわれた黒色のキャップをかぶり、村上は表彰台に上がった。海水で髪をぬらしながら“水もしたたるいい男”は、優勝トロフィーを両手で持ち上げて喜んだ。「朝イチから調子がよかったのでいけると思った。素直にうれしい」と白い歯を輝かせた。

出典元:日刊スポーツ

サーフィン初代女王・松田詩野ちゃん!新種目“波乗りヒロイン”先取り

サーフィン・第1回ジャパンオープン最終日(7日、千葉・一宮町、釣ケ崎海岸)2020年東京五輪で初めて実施される競技。9月に宮崎市で開催されるワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当)の代表選考会として東京五輪の競技会場で3回戦以降が行われ、女子は松田詩野(しの、16)が優勝し、WG代表に選ばれた。松田は決勝で9・66点を記録し、中塩佳那(15)の8・47点を上回った。9日午前10時から始まる東京五輪チケットの抽選販売申し込みを前に、初代女王が購入を呼びかけた。

出典元:サンスポ




「水もしたたるいい男」村上舜、「波乗りヒロイン」松田詩野ちゃん!

おめでとう〜〜〜〜!!!







2019 ISA World Surfing Games日本代表  “波乗りジャパン”メンバー決定

2019年のサーフィン日本代表 “波乗りジャパン” のメンバーが決まりました

男子は、五十嵐カノア、村上舜、大原洋人の3名
女子は、前田マヒナ、松田詩野、脇田紗良の3名


この6名が9月に宮崎県で開催されるISA World Surfing Gamesに日本代表として出場します。気になる出場資格は下記の通りでした。


  1. 2018ワールドランキング1位 (1名) 《 WSL Championship Tourも含むものとする。》
  2. 2019世界選手権選考大会(第1回 ジャパンオープンオブサーフィン)優勝者 (1名)
  3. ISA世界選手権の成績(強化部推薦枠) (1名)



1.2.は選考理由が明確
1.は五十嵐カノアと前田マヒナ、2.は今大会で優勝した村上舜と松田詩野


3の強化部推薦枠で選ばれたのは大原洋人と脇田紗良
紗良ちゃんは2018ISA Under16での3位が決め手だったのかな


男子は昨年と同じメンバー
女子は全員入れ替わって新しいチームで臨みます
「波乗りJAPAN」の6名には是非とも頑張って欲しいと思います





東京オリンピックの出場権を獲得するには

東京オリンピックの出場権を獲得するには2019 ISA World Surfing Gamesで個人でアジア1位を獲得することが大事になります

実際問題、アジア地区でサーフィンが強いのは日本とインドネシア(男子の和井田理央)くらい
ということはぶっちゃけ日本人で1番にならなきゃいけないってことです!

波乗りJAPANとして国対抗のメダルを狙うというより
日本人同士の戦いに勝つことが大切になります

選手の皆さん、頑張ってください



しかし、アジア1位になれば必ずオリンピックに出れるわけではありません

オリンピック選考基準については2019年よりも2020年のISAの結果の方が優先されるからです

こちらをご覧ください


#822 改めてオリンピック選考基準を考えてみる


ということで、東京オリンピックに出るには
2020年のISA World Surfing Gamesでアメリカ、ブラジル、オーストラリア等の強豪国の選手を除いた中で上位6名に入ること、日本人の中で2位以内に入ることが重要になります

そのためには2020年のISAに出場することが必須

2020年ISAの出場資格が今年と同じとなると、選手のためには3.強化部推薦の推薦理由が明らかにされた方がいいなぁと思います
どこで結果を出せば推薦枠で選ばれるのか?



いかがでしょう



Leave a Reply