ISA World Surfing Games

僕の滞在中には女子Finalと男子Round1の途中まで

ショートステイでしたが生ケリー様を間近で見れて、水中撮影も出来て満足

後半も凄いパフォーマンスを見せてくれるでしょう!



hrdfilmsは今回も全てオリジナルphotoでお送りします

お楽しみください!




大会は順調に進んでいます

昨日一昨日はスモールでしたが今日からサイズアップ

日本チームも全員残っているので楽しみですね!










女子優勝はPeruのSofia Mulanovich





途中のヒートで板まっぷたつ

グランドファイナルではリーシュが切れて板が流されビーチまで戻ってくるというアクシデントがありましたが見事優勝!

おめでとう!











日本勢は既に様々なメディアで紹介されている通り

松田誌野がアジア最高位を獲得して東京オリンピックに一歩近づきました。

interview Asako Mizuno

来年のISA World Surfing Gamesの結果次第でオリンピック出場が確実になります。













東京オリンピックには一つの国から最大2名


女子の出場要件は優先度の高い順に

(1)2019 CT上位8選手

(2)2020 ISA WSGで(1)の要件を満たした選手を除く上位6選手

(3)2019 ISA WSGでアジア、欧州、アフリカ、オセアニアの各最上位1選手

来年のWSGで(2)の要件を別の日本人2人以上がクリアしなければ松田誌野は五輪代表に決まります

ということで「仮内定」  おめでとう!




もし2020 ISA WSGで日本人2人が上位6選手に入った場合

今大会のアジア1位枠は49位のフィリピンDaizy Valdezに移ってオリンピック出場が決まります

彼女もドキドキしているのでは









今大会でオリンピック予選になっているのは

アジア、欧州、アフリカ、オセアニアの各大陸


欧州枠は9位イスラエルのAnat Lelior 

アフリカ枠は3位南アフリカのBianca Buitendag 

オセアニア枠は上からオーストラリアのSally、Stephanie、Nikki

29位にニュージーランドのElla Williams

CT枠でオーストラリアの2枠は埋まるので

ニュージーランドのElla Williamsが獲得でしょうか






今回優勝したPeruのSofia Mulanovich

残念ながら今大会は北南米地区の予選になっていないので

今回の結果ではオリンピックに出ることはできません

来年のISAで是非オリンピックを決めて欲しいですね






波乗りジャパン女子はCT選手の前に力一歩及ばずという感じだったかな

脇田紗良

41位という結果は本人は満足していないはず














前田マヒナ

21位でフィニッシュ!

紗良ちゃんもマヒナちゃんもQSランキングでは10位代なので

残りの試合の結果次第では来年のISA 代表の道はあります

みんながんばれ〜〜〜!




波乗りジャパンはチームワークよく応援

キャプテン大野マーを筆頭にカノア、大原洋人、村上舜の3選手が

女子をしっかりサポートしていました

楽しみながら 笑





Day3 Morning

まだまだつづきます!



Leave a Reply