ISA World Surfing Gamesがあったので、なんとなくサーフィンした気持ちでいましたが

8月なかばにギックリ腰を発症してからすでに2カ月以上ノーサーフです

腰の痛みは治まりましたがお尻から太ももに痛みが出て、サーフィンできる状態ではありません

ボードに寝そべった状態ですでに痛くて、テイクオフの動作で激痛が。。。。

 

 

 

 

痛みの原因を調べてもらうべく井戸田整形に行ってきました

井戸田整形外科 名駅スポーツクリニック

様々なプロスポーツや部活の強豪チームも診ている地元では評判のいい病院

 

 

この日は朝8時半の開院でしたが、8時15分には40人以上の行列ができていました

人気のラーメン屋か 笑!!

 

 

 

 

行列嫌いの僕ですが、仕方なく並んでいると僕の後ろに20人以上

開院前になんと70人は並んでいましたね

 

 

 

 

 

博多のうどんやさん「うどん平」で並んだ時以来の行列です 笑

IMG_0619

ちなみにうどん平の「えび天うどん」!!

IMG_9984

東海地方のえび天とは大分ちがいます

 

IMG_0615

麺は表面がちょっとザラっとしてるんだけどもちもちで軽い食感

お出汁もあっさり甘めで美味しい

「うどん平」また行きたい!!

 

 

 

 

話がそれました

 

 

 

 

どんだけ待たされるのかと心配しましたが

井戸田整形は初診の患者を優先的に診る方針

開院すると20分もたたないうちに僕の番になりました

 

 

まずは優しい看護師さんの問診があって

理事長先生から説明を受け、すぐにレントゲン撮って再び理事長先生の診察

MRIの予約もすんなり入れてこの日は10時には終了

初診の患者を待たせないようにケアしてくれるのがいいですね

 

 

後日MRIの検査をしてきました

 

 

 

結果  

脊椎分離症からすべり症を発症

「腰椎椎間板ヘルニア  第5腰椎分離症」

 

 

実は中学高校は部活でバレーボールをやっていました

その時に脊椎分離症を発症しました

成長期に激しい運動をすると脊椎分離症になりやすいようです

30年以上前のことですが、その脊椎分離症が完治してなくすべり症を発症

加齢により脊椎周りの靭帯が緩んできて脊椎を支えられなくなったようです


脊椎分離症・脊椎すべり症

発育期~青年期における激しいスポーツや、生まれつきにより脊椎の関節突起が離れている状態をいう。分離症が原因で、あるいは高齢になって腰椎周辺の靭帯がゆるんで脊椎椎体が前後方向にいどうするのを脊椎すべり症という。


さらに椎間板が潰れていてヘルニアが二ヶ所

神経を圧迫しているのがわかりました

腰の痛みはありませんが、これがお尻と太ももの痛みの原因

今は左にしか痛みが出てないけれど、右の神経も圧迫されているので

放っておくと右足にも痛みが出る可能性があるということ

 

 

週末のサーフィン、毎朝のジムで腹筋背筋はしっかり鍛えてきたつもりですが

加齢で症状が進行したようです

やはり50歳を過ぎると色々と悪いとこが出てきます

 

 

このまま症状が進行すると腰部脊柱管狭窄症になって前かがみのおじいちゃんになってしまうらしいので

今のうちにしっかり治します

リハビリで症状は改善するそうなので、さっそくリハビリを開始

理学療法士さんに教えていただいたストレッチと腹筋強化の運動をまじめにやっています

さらにケイスケ先生の秘密の運動も取り入れてます

日によって差はありますが、痛みは軽減してきたような気がします

 

 

 

これからは

井戸田整形のリハビリ

日だまり接骨院のケイスケ先生の手技

金寶堂の宝田先生の鍼治療

パシフィックスポーツクラブ

夜の徘徊

で体を整えながら上手につきあっていきます

 

 

 

痛みが取れたらサーフィン復活するので(多分すぐに復活します 笑)

みなさんよろしくお願いします!

 

 

 

加齢だけに華麗に年をとりたい

・・・・・・・・・

すべり症だけにすべりましたね

・・・・・・・・・

さえません

 

 

ではまた!

Leave a Reply