グアムにショートトリップ行ってきました。

最近はマイナス10℃の雪山とか北風ビュービューで極寒の海に通っていたので

ギラギラ太陽の日差しがめっちゃ気持ちよかった!

 

 

 

最初は台湾に行くつもりだったんだけど春節と重なったりいろいろで受け入れ状態がよくない

で、4日ほどで行けるディスティネーション探してたら

関空からT’way航空ってLCCがお値打ちにグアムに飛んでるのを発見

グアムは数年前にサーフィンしたことがあったので、なんとなく状況は分かっていたからGo!

 

 

ボードをもって車で関空へ

しか~し、ここで問題が!

ショートボード積んでもらえることは事前に確認していたんだけど

積載できるのは3辺の合計が203cm以内らしい。

 

3辺の合計が203cm以内ってことは幅と厚さを引くとボードの長さは150cmくらいか??

ケースの厚みとか考えると実際は140cmのボードしか無理じゃん。んなあほな~。

 

 

JAL系会社の個性的なビジュアルのお姉さんとやりとりしていても埒があかない

行きはむりやり積んでも帰りは載せてもらえない可能性が高そうだったので

ボードを持っていくのはあきらめることにした

まぁいつも適当な感じなので板がなくてもオッケーなのだ。

機内はそれなり~~問題なく3時間ちょっとで到着~~!

 

 

今回のバディは台湾で稲妻に打たれたシゲキックス先輩!

実はKSKと3人で行く予定だったけど

KSKの事務所のスタッフがインフルエンザに罹ってしまい、KSKは泣く泣く断念。

KSKの気持ちだけ連れていくことに!

 

 

 

 

到着後さっそくグアム唯一のロータスサーフショップにボードを確保しに。

 

こちらは中古ボード。$200~$500くらいで各種ショートボード

買って帰りに売るという手もあったけど。。。

 

 

当初ボードレンタルはやってなくてサーフガイド付き$99ドルと言われたけど

いろいろ話してたらレンタル1日$55で貸りれることに。

それにしても高いわ。。

グアムで唯一のプロサーファーがやってるお店だけど

ライバルがいないのでレンタルフィーも高い

とは言っても背に腹は変えられないので借りることに。

 

シゲキックスはピンクのロングボード9.1ft 。僕はタカヤマのエッグ7.6ft

そこそこいい板があった

 

 

その足でシェラトンホテル下のRick’s Reefをチェック

肩~頭くらいでいい感じのウネリが入ってたけど、時間切れでこの日はノーサーフ

 

Googleの航空写真にもしっかりと良いレギュラーが写ってるね

 

 

翌朝Rick’s Reefへ

 

 

シェラトン敷地内のテニスコート横の駐車場に車を停めて

 

日焼け用ニベア

 

 

この時期に裸でサーフィンは贅沢!

波はサイズダウンして腰腹~胸くらいのファンウェーブだったけど、長い板でちょうど良かったかな

 

 

浅いリーフなのでリーフブーツは必須

職人スタイル

 

海から上がったあとのビールがうまいね~!

 

 

翌日はさらにサイズダウンで膝腰になってしまった

とはいえサーファーはサーフィン以外にやることもないので

海に入ったのだ

 

 

午後に他のポイントをチェック

ハガニャの航路の両側でレギュラーグーフィー

ローカルのきついポイント

 

 

島の東へ

タロフォフォ湾

こちらはオンショアの風波ポイント

 

河口なので赤土と木端まじりで水は茶色

オンショアながら胸くらいの速いブレイク

茶色の水にテンション下がったけど、裸サーフィンはやっぱり気持ちよかった!

 

雑なレポートだけど

つづく〜!

Leave a Reply