GoProのセルフショット

2014-12-21-07.01.55

こんな写真や

DCIM100GOPROG0149158.

こんな写真や

G0203292

こんな写真が撮れる

DCIM104GOPROG0227861.

いいね!

 

 

 

よく聞かれます。

「動画で撮ってあとで静止画にしてるの〜?」

 

 

いえいえ、ちがうんですよ。静止画で撮ってます。

IMG_8081

GoProには便利な「TIME LUPSE」モードがあります。

それを使います。

 

これね。

IMG_8083

 

 

 

「TIME LUPSE」モードにするには全面の[MODE]ボタンを押して

IMG_8086

 

IMG_8087

 

この「BURST」モードが出てきたら

IMG_8088

シャッターボタンを押して

IMG_8089

「TIME LUPSE」モードに切り替えます。

IMG_8093

時間を「0.5SEC」にセット。

0.5秒おきにずーっと撮影してくれるのです。

 

 

波待ちしてて、いい波が入ってきたなと思ったらスイッチオン!

テイクオフ〜、サーフィン、プルアウト〜!

再びスイッチを押すまでGoProくんが0.5秒おきに勝手に撮り続けてくれます。

 

 

1分で120枚

1時間で7,200枚も撮れちゃうんですね。

 

 

バッテリーは1時間以上もつので、面倒くさい人は撮りっぱなしでもいいでしょう。

写真は1枚2MB程度なので7,200枚で14,400MB=14.4GB

 

 

32 GBのマイクロSDカードなら2時間撮りっぱなしで大丈夫。

バッテリー無くなるのとどっちが早いかな。

あんまり撮りすぎると家に帰ってからの整理がめんどくさいけどね〜。

 

 

 

動画モードで撮って、動画から静止画を切り出すという方法だと

シャッタースピードが1/60で遅いので画が流れてしまうし

インターレスのギザギザが出てしまいます。

またサイズがHDサイズ(1920×1080)で200万画素程度の画像になってしまうので

画質的にもイマイチ物足りないですね

 

 

「TIME LUPSE」をおすすめします!

 

セルフショット撮るには写真右のようなヘルメット用のアームがあると便利です。

IMG_4264

 

角度がかえれるので、縦の写真も撮れちゃいます。

GOPR7562

ハワイでレンタルボードにアタッチメントがついていたのでGoPro装着しました!

 

 

背面のオレンジのフロートは必ずつけてくださいね。大切なGoProが流されちゃう事もあります。

フロートのおかげで3回ほど流されたGoProを見つける事ができました。

 

 

 

IMG_8095

こういうおもちゃはどんどん新しいのが出てくるので

買ったらがんがん使い倒さなきゃね〜〜。

 

ポチッとよろしく!

banner3

 

 

 

Leave a Reply